we1.bmpwe2.bmp

結婚式スピーチ 忌み言葉カテゴリの記事一覧

結婚式スピーチ 忌み言葉

結婚披露宴のスピーチ。
縁起が悪い

という配慮で使ってはいけない言葉があります。
忌み(いみ)言葉」といって、
普段の生活で使う分には何の問題もない言葉でも、
結婚式等のおめでたい席でのスピーチでは
使う事を慎むのがマナーとされています。

正直、日本語は難しいです。
そのまま使ってしまうと忌み言葉となる言葉でも
言葉を換えて使う事で大丈夫になるのもあります。

一般的に忌み言葉とされるものを ↓にまとめてみます。
スピーチを依頼された場合には参考にして下さい。

【 忌み言葉とされる言葉 

●別離(離婚)を連想させる言葉

・別れる・失う・切れる・離れる・出る・放す・逃げる
・破れる・割れる・戻る・飽きる・去る・冷える 等

スピーチの最後に。
「これでお祝いの言葉を終わります」というと、
「終わる」が忌み言葉となります。
お祝いの言葉と換えさせて頂きます。
といったように置き換えましょう。

また「最後になりますが..」の「最後」も忌み言葉。
この場合、
結びになりますが..」と置き換えましょう。

●人の不吉や不幸をイメージさせる言葉

・褪せる・滅ぶ・しまう・苦しい・裂く・嫌う・倒れる・泣く
・壊れる・とんでもない・九・四・散る 等

●再婚をイメージさせる言葉

・再度・繰返し・なおまた・ではまた・繰返す・再び・再三等

●重ね言葉

・重ね重ね・さいさい・たびたび・ますます・いろいろ
・またも・たびたび・みなみな様・なおも・くれぐれも等

まだまだ他にもあります。
日本語って奥が深いですね^^;
日頃からスピーチの際に使わないように意識する事ですね。

以前ほど忌み言葉は気にするものではなくなってきてはいます。
とじゃいえ、結婚式は新郎新婦の門出を祝う場です。
縁起の悪い言葉は極力控えるようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。