we1.bmpwe2.bmp

結婚披露宴での乾杯スピーチ

結婚披露宴
大抵冒頭の部分で乾杯がありますよね。
結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して
乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは。
一般的には新郎新婦の職場の上司、学生時代の恩師、
親戚といった目上の方に依頼する事が多く、
主賓格かそれと同等レベルの列席者が行うのが基本的なパターン。

乾杯の音頭をとる際、一言二言、スピーチを始めに付け加えるのが通例です。

結婚披露宴の乾杯の音頭をを依頼する場合。
依頼する人に対し「乾杯の音頭である事」を
きちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が「通常のスピーチ
だと思ってしまうと最悪です。
3分から5分間、あるいはもっと長く、
列席者は全員立ってグラスを持ったまま
そのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいますから。
これは苦痛です。
中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口し
グラスを置いてしまう人も出てしまいます。

こんな事にならないよう、スピーチの依頼は
その目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも、
・乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたい
という場合。
あらかじめその事を司会者に伝え、
スピーチをしている間は列席者には席に座って聞いてもらい、
音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯する
といった流れにするとスムーズです。

結婚披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチですが、
立ったままグラスを持って聞く列席者の事も考慮すると
30秒から1分程度でまとめるようにしたいですね。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53696356

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。