we1.bmpwe2.bmp

結婚式スピーチ・友人編

大切な友人の結婚式でスピーチを頼まれたら。
心のこもったスピーチでお祝いしてあげたいですよね。

「やや困ったぞ!いったい何を言ったらいいんだろう?」

初めて結婚式でスピーチをする人はもちろんのこと、
何回かスピーチを引き受けたことのある人でも
スピーチ原稿を書くときには迷うことがあるはず。

ここでは結婚式のスピーチに相応しい言い回し/文例をします。

友人代表としてスピーチを頼まれた場合。
基本的には、
・新郎または新婦と自分との関係
 (例、「新郎とは大学時代のサークルで知り合い・・・」)
・新郎、新婦と自分がどれくらいの仲なのか
(例、「新婦とは一緒に旅行に行ったことなどもあり・・・」)
↑のような感じで盛り込むのがコツだと言えます。

友人代表のスピーチを行うときに絶対に気をつけなければならないこと。

新郎または新婦の過去の異性関係について絶対口外してはいけません!

過去の異性関係。
これを結婚式で暴露されてしまっては新郎も新婦も不快な気持ちになってしまいます。
どんなに新郎・新婦と仲がよくてもこれは特に気をつけましょう。

スピーチの例文としてはこんなものがあります。

ただいまご紹介にあずかりました▲▲と申します。
○○ちゃんとは高校生の時からの友人で、今に至るまで非常に仲良くさせて貰っています。

●●くん、○○ちゃん、ご結婚おめでとう。

私は彼女とたくさんの思い出を作ってきましたが、
なんといっても忘れられないのが、
私が将来のことで悩み、落ち込んでいるときにいつも側にいて励ましてくれたことなんです。
●●くん、○○ちゃんは芯がとても強い女性です。
人の痛みを分かってくれ、優しくしてあげられるステキな女性です。
私は○○ちゃんはその優しさと強さで
これからもずっと●●くんを支えていってくれると思います。
どうかお2人であたたかい家庭を作っていって下さい。
もう一度、お二人におめでとうの言葉を申し上げ、
結びの言葉に変えたいと思います。


新郎や新婦の人柄を窺わせるような心温まるエピソード。
そうしたものを盛り込むといいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49887305

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。