we1.bmpwe2.bmp

結婚式のスピーチでのたとえ

結婚式で花嫁を花にたとえてスピーチをすることがあります。
ところが、場合によっては
花言葉があまりよくない意味のときもあります。

たとえば、ひまわりがコレにあたります。

ひまわりは人の名前にも使われていたり、
すくすくと太陽に向かってのび、明るく丈夫なイメージがあるのですが、
ひまわりの花言葉には「高慢」という意味が含まれています。
他にもひまわりの花言葉には
・愛慕
・憧れ

と言った良い意味もありますが、
花に詳しい人には抵抗があるかもしれません。
とはいえ、ひまわりは結婚式でよく使われたりするのですが、
どうしても抵抗のある方は「ひまわり」と特定せずに、
「花のようにキレイな○○○さん」と言うぐらいにしておいた方が無難でしょう。
どうしても花の名前を使いたい方はしっかりと調べて使いましょうね。

もうひとつ結婚式のスピーチで注意したいこと。
相手の立場を考えるということ。

最近は再婚で結婚式を挙げるという方も特に珍しいことではなくなりました。
が、結婚式のスピーチで「再婚」というフレーズを使うのは考えものです。
また、再婚という意味で、「今度の結婚」という言葉を使うこともあまり好ましくないと言わざるをえません。
あとは年の差を強調する言い方、たとえば、
姉さん女房や親子ほど年の差が離れていて・・・・・
という相手が気にするような言葉は使わないようにすることです。

ほかに、相手を思うことと同様に相手の肩書きを出すことも控えておいたほうが無難ですね。
役職についている方は役職名も出したいとは思いますが、
それって新郎新婦にはは関係のないことですものね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49886661

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。