we1.bmpwe2.bmp

結婚式・新婦のスピーチ

結婚式・新婦のスピーチ

結婚式。
誰でも一度は出席したことがあるのではないでしょうか?
いやいやまだ出席した経験がないんです、という人でも
TVのドラマなんかで結婚式のシーンは見たことがありますよね。

結婚式の最後に必ず新郎・新婦のスピーチがあります。
「お父さん、お母さん、今まで育ててくれて、本当にありがとう、、、www...」
新婦が途中で言葉に詰まって泣き始める。
すかさず新婦の肩を抱く新郎。
初めは新郎に向かって
「どこの馬の骨かもわからん君ににウチの娘がやれるか!」って
叫んでいた頑固一徹な新婦の父も娘の言葉にそっと目頭をおさえる。

そうそう、よく見るシーンです。結婚式のクライマックス。

さて、新婦の行うスピーチには決まりきった定石といったものはありません(ここが新郎のスピーチとは違うところ)。
しかし、いくらきまりごとがなくても、
自分を育ててくれた両親に対する感謝の気持ちを表す、
というのが一般的です。

感謝の気持ちを表すと同時に、
今まで言えなかったこと
↑をスピーチの中に盛り込むのもよいでしょう。

「お父さんごめんなさい。ズラだってみんなにバラしちゃってたの。。」

・・・・
・・・・・・・
はてはて、いいのかな。

「お父さん、私、どうしてもあの時は反抗して言えなかった。
でも今なら言える。本当にありがとう。」
これです。これ(^^)

ここで何よりも大切なこと。
●自分の素直な言葉で気持ちを表す
これにつきます。
心の奥底から出た言葉。
人の心の奥底に響いて後になっても残るものです。

結婚式最後の新婦のスピーチ
結婚式の最高のイベントのうちの一つです。
涙は感動のバロメーター
(ウマイこと言うぜ、バカヤロー^^;)
幸せな涙は、式場全体を暖かく包みます。
感謝の気持ちを綴ったスピーチで、
ご両親はじめ、列席の皆さんを大いワンワン泣かせてしまいましょう。
「あの時の結婚式は最高だったね!」
心からそう言ってくれますよ。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48074428

この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 01:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。