we1.bmpwe2.bmp

結婚式スピーチ 忌み言葉

結婚披露宴のスピーチ。
縁起が悪い

という配慮で使ってはいけない言葉があります。
忌み(いみ)言葉」といって、
普段の生活で使う分には何の問題もない言葉でも、
結婚式等のおめでたい席でのスピーチでは
使う事を慎むのがマナーとされています。

正直、日本語は難しいです。
そのまま使ってしまうと忌み言葉となる言葉でも
言葉を換えて使う事で大丈夫になるのもあります。

一般的に忌み言葉とされるものを ↓にまとめてみます。
スピーチを依頼された場合には参考にして下さい。

【 忌み言葉とされる言葉 

●別離(離婚)を連想させる言葉

・別れる・失う・切れる・離れる・出る・放す・逃げる
・破れる・割れる・戻る・飽きる・去る・冷える 等

スピーチの最後に。
「これでお祝いの言葉を終わります」というと、
「終わる」が忌み言葉となります。
お祝いの言葉と換えさせて頂きます。
といったように置き換えましょう。

また「最後になりますが..」の「最後」も忌み言葉。
この場合、
結びになりますが..」と置き換えましょう。

●人の不吉や不幸をイメージさせる言葉

・褪せる・滅ぶ・しまう・苦しい・裂く・嫌う・倒れる・泣く
・壊れる・とんでもない・九・四・散る 等

●再婚をイメージさせる言葉

・再度・繰返し・なおまた・ではまた・繰返す・再び・再三等

●重ね言葉

・重ね重ね・さいさい・たびたび・ますます・いろいろ
・またも・たびたび・みなみな様・なおも・くれぐれも等

まだまだ他にもあります。
日本語って奥が深いですね^^;
日頃からスピーチの際に使わないように意識する事ですね。

以前ほど忌み言葉は気にするものではなくなってきてはいます。
とじゃいえ、結婚式は新郎新婦の門出を祝う場です。
縁起の悪い言葉は極力控えるようにしましょう。

結婚式のスピーチを失敗しない為に

結婚披露宴でスピーチを依頼される場合。
たいていその場で急に依頼されるというものではありません。
事前に依頼され、結婚式当日までには
しっかりと準備期間がある場合がほとんどだと思います。
新郎新婦の為にもしっかり準備をしましょう。

スピーチの構成や話す内容を考えに考え、練りに練り、
何度も何度も練習をして結婚式の当日を迎えます。
いざ、スピーチ!
その時になって大勢の列席者の注目を浴びると・・・
頭の中が真っ白に!

しっかりと練習をしたはずのスピーチの内容も
どこかに飛んでいってしまい・・そんな場合もあります。

そういった事がないように。
構成や内容を考えたものはまず下書きにまとめておきます。
下書きをすると。
たとえ本番のスピーチの時に下書きを見なくても、
ある程度の流れが頭に入っていると思います。


話の中心となるテーマ。
これをしっかりと決めて頭に入れます。
紹介したいエピソード。
これも長くなって焦点がぼやけてしまわないように
内容を絞り込んでおきます。

エピソードを紹介するのはあくまでもそれが目的ではありません。
「新郎新婦の人柄を伝える」

コレが目的です。
起承転結を考え、スムーズにつなげる事ができるよう
簡潔にまとめましょう。


その為に結論を始めに言ってしまうのも方法のひとつです。
「○○さんは□□さんを必ず幸せにします。」
出だし」にこう言うと聞く人の関心を引きつけます。
その後で「それはなぜか。理由は・・」と続けるのです。

しっかりと準備をしていたつもりでも人間ですからね。
緊張して頭が真っ白になってしまう事もありますよ。
どうしても言葉が出てこなく
なってしまった時


焦らず「本日は本当におめでとうございます!お幸せに
と新郎新婦を祝う気持ちを伝えます。
それだけでも心のこもったスピーチとなるはずです。

結婚披露宴での乾杯スピーチ

結婚披露宴
大抵冒頭の部分で乾杯がありますよね。
結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して
乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは。
一般的には新郎新婦の職場の上司、学生時代の恩師、
親戚といった目上の方に依頼する事が多く、
主賓格かそれと同等レベルの列席者が行うのが基本的なパターン。

乾杯の音頭をとる際、一言二言、スピーチを始めに付け加えるのが通例です。

結婚披露宴の乾杯の音頭をを依頼する場合。
依頼する人に対し「乾杯の音頭である事」を
きちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が「通常のスピーチ
だと思ってしまうと最悪です。
3分から5分間、あるいはもっと長く、
列席者は全員立ってグラスを持ったまま
そのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいますから。
これは苦痛です。
中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口し
グラスを置いてしまう人も出てしまいます。

こんな事にならないよう、スピーチの依頼は
その目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも、
・乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたい
という場合。
あらかじめその事を司会者に伝え、
スピーチをしている間は列席者には席に座って聞いてもらい、
音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯する
といった流れにするとスムーズです。

結婚披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチですが、
立ったままグラスを持って聞く列席者の事も考慮すると
30秒から1分程度でまとめるようにしたいですね。

結婚式のスピーチを友人に頼む場合

結婚披露宴

多くの出席者から新郎新婦に対してお祝いの言葉が送られます。
親族、職場の上司、新郎新婦とつながりのある方、
様々な方からスピーチがあります。

友人にスピーチを依頼する。

新郎新婦にとっては結婚式でスピーチを依頼するのに
特に悩むのは友人に頼む場合ではないでしょうか。

場慣れした話し上手の友人がいれば何の問題もないでしょう。
その友人に頼めば済みます。
ところがあまり進んで人前には出ないような友人が多い場合。
どうしましょう?
自分の結婚式でスピーチを依頼することが相手に負担を
与えてしまうのではないか・・心配になります。

そういった場合。
依頼する友人にプレッシャーのかからないような
スピーチの仕方を設定してあげる
とよいと思います。

親族や職場の上司のスピーチに比べると、
友人からのスピーチは結婚披露宴の場が和むようなものが
喜ばれるようです。

たとえば。
最近は仲人を立てずに結婚式を挙げるカップルも少なくありません。
そうした時に、通常仲人がするべき新郎新婦それぞれの紹介(生い立ち等)
を友人にしてもらうというのもひとつの方法だと思います。
既にできあがっている原稿があれば、
依頼を受けた友人側もプレッシャーなく応じる事ができそうですよね。
・新婦の紹介を新郎の友人が
・新郎の紹介を新婦の友人が行う
というのも面白いアイデアだと思います。


これは今まであまりお目にかかったことはないのですが、
新郎は新婦に対して、新婦は新郎に対して
それぞれに宛てた手紙をあらかじめ書いておいてもらう。
そしてそれをスピーチで発表するというのはどうでしょう?

新婦が両親に宛てた手紙は結婚披露宴の定番です。
でも本人同士に宛てた手紙というのは変わった趣向でうけると思うのですが。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。